人は人と生きてこそ人

子供の頃、介護は『リアルおままごと』だった私には、介護なんて当たり前の日常すぎて『介護士』なんて仕事は、進路を決める時にも頭をよぎることすらありませんでした(笑)

それから数十年…人生のどん底で、仕方なく介護職になった私が、こんなにも介護の魅力に引き込まれるなんて…

寝たきりのお爺ちゃんの布団の中で隠れん坊していた時には、夢にも思わなかった感動の毎日が、今ここにありますヾ(*´∀`*)ノ

サヨナラおじいちゃん(1)


サヨナラは、突然やってくると知った中学2年生…

季節はいつ頃だったのだろう?




『おじいちゃん、咳してたから痰とってあげてね!』

大きなアコーディオンカーテンで仕切られた古い台所から母の声だけがした。



夕食の味噌汁の鍋がカタカタと、当たり前のように音を立てていた…



隣の部屋からは、教育学部への入試をひかえ練習している 姉のピアノの音が響いていた。




いつも通りカバンを居間のテレビの前に無造作に置いて

いつも通りおじいちゃんが寝ている部屋の扉を開けた



いつも通りのはずのおじいちゃんは

いつも通りではなく、呼吸をしていなかった…



『おじいちゃん、息してない!救急車呼んで!!!』


大きな声で叫んだ後に、必死に痰を吸引した



心臓に耳を当てると、まだゆっくりと動いているのがわかった。



人工呼吸の仕方をテレビ番組でみたのを思い出した…

開きっぱなしのおじいちゃんの口に、大きく口を当てて息を吹き込むと


胸のあたりで痰がゴロゴロと音をたてた…痰の吸引を繰り返しながら

救急車を待つ時間が、永遠に感じた…



その日の夕方、おばあちゃんは出かけていて留守だった




中学2年生の私は、その時どんな顔をしていたのだろうか?





救急隊員の後について、母と一緒に救急車へ乗り込むことになった…


家に残り、父や祖母に連絡を取ることになった姉が、音がするほど強く

私の背中を叩いた





『しっかりしなさい!』




何年かして大人になった時に、姉が言っていた。 

『あの時、あんた死んじゃうかと思ったよ…そんな顔していた…』



初めて乗る救急車の中で、なかなか道をあけてくれない道端の車や

救急車の中を覗こうと背伸びする、信号待ちのおばさんに




怒鳴りつけたい気持ちでいっぱいだったのを覚えている…






その日から、三日間

病院のベッドで過ごしたおじいちゃんは



13年間過ごした居間の隣の部屋のベッドには、もう二度と戻って来なかった。















×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。